建築施工管理技師の資格取得者が転職市場で人気の理由とは?

【疑問点解決】施工管理への転職の本当の話

建築施工管理技師の資格を持っていれば確かに転職で有利ですが、それだけではなく実務経験も重要視されています。
【疑問点解決】施工管理への転職の本当の話のメイン画像

建築施工管理技師の資格取得者が転職市場で人気の理由とは?

建築施工管理技師の資格を持っていると、転職市場でかなり有利に立ち回ることができます。

ここからは、なぜ建築施工管理技師の資格が転職市場で人気なのか解説していきます。

■ 資格保有者が少ない

まず、建築施工管理技師の資格保有者の絶対数が少ないため、転職市場での評価が高いという点が挙げられます。

なぜ資格保有者が少ないのかというと、これらの試験を受験するための要件として「施工管理の実務経験」が必要とされているからです。

そのため、特に若年層の資格保有者が不足している状況です。

■ 資格保有者がいると会社の審査が有利になる

たとえば、建築施工管理技師1級の資格保有者が社内にいた場合、公共工事を請ける際の会社の審査に加点されます。

そのため、会社としても建築施工管理技師の資格保有者を雇用することにはメリットがあり、場合によっては好条件で採用してもらえる可能性があります。

■ 資格保有者がいると大規模な建築も請けられる

建築施工管理技師の資格保有者がいることで、請けられる工事の規模が大きくなります。

ただ、1級と2級では請けられる規模が違うことから、1級保有者の方がより需要が高いと言えるでしょう。

■ 資格を保有しているだけでは難しい

建築施工管理技師の資格を持っていれば確かに転職で有利ですが、それだけではなく実務経験も重要視されています。

そのため、資格を持っていることに加えて、施工管理の経験をどのように積んできたのかアピール出来るようにしておくことをおすすめします。

Copyright http://www.renewwisconsin-blog.org/ All Rights Reserved.