30歳以上で施工管理職から転職するのは厳しい?対策を解説

【疑問点解決】施工管理への転職の本当の話

30歳以上の転職で成功しやすいパターンは「同業種?同職種への転職」です。施工管理職の場合は、他の建設会社の施工管理への転職です。
【疑問点解決】施工管理への転職の本当の話のメイン画像

30歳以上で施工管理職から転職するのは厳しい?対策を解説

基本的に30歳を越えたら転職は難しくなると言われています。

▼ご参考:https://nikkan-spa.jp/1733064

それは企業側としても「即戦力になるかどうか」を基準にして選考するようになるからです。

では施工管理職の経験がある場合であっても30歳以上の転職は難しいのかどうか解説していきます。

■ 転職に成功しやすいパターンとは?

まず、30歳以上の転職で成功しやすいパターンは「同業種?同職種への転職」です。

施工管理職の場合は、他の建設会社の施工管理への転職です。

これは今まで培ってきた知識や経験をそのままアピールすることができるので、即戦力として採用されやすいと言えます。

「同業種?他職種への転職」の場合、建設業界で施工管理以外の職種に就くことになります。

こちらも施工管理と関連のある職種ならば経験を買ってもらいやすいと言えるでしょう。

■ 転職に失敗しやすいパターンとは?

逆に転職に失敗しやすいパターンは「他業種?他職種への転職」です。

これは施工管理の知識や経験を活かせず、新卒社会人とほぼ変わらないという評価をされてしまいがちです。

施工管理で身に付くスキルとして「マネジメント」「調整力」がありますが、他業種?他職種へ転職を希望している場合はこれらのスキルが有利になる企業を選ぶようにした方が良いでしょう。

■ 施工管理は即戦力として評価されやすい

施工管理は建設業の中でも重要なポジションと言え、身につけることができる知識も多岐に渡ります。

転職をする際は「施工管理の経験を活かすことができるかどうか」という視点で企業選定することをおすすめします。

Copyright http://www.renewwisconsin-blog.org/ All Rights Reserved.