施工管理職は転職しやすい?有効求人倍率と人材難の理由は?

【疑問点解決】施工管理への転職の本当の話

施工管理職は建築工事や土木工事に必ず必要となるにも関わらず、絶対数が足りていない状況になっています。
【疑問点解決】施工管理への転職の本当の話のメイン画像

施工管理職は転職しやすい?有効求人倍率と人材難の理由は?

施工管理職は建設業ではなくてはならない仕事です。

では施工管理職に転職しようとした場合、需要はどのくらいあるのでしょうか?ここからは施工管理職の有効求人倍率の目安と、施工管理職が人材難である理由について解説していきます。

■ 施工管理職の有効求人倍率はどのくらい?

まず、施工管理職に就く前提条件として、施工管理技師という国家資格を取る必要があります。

ただ、この資格はペーパー試験だけで簡単に取れるものではありません。

そのため、施工管理職は建築工事や土木工事に必ず必要となるにも関わらず、絶対数が足りていない状況になっています。

実際に様々な媒体で施工管理職の有効求人倍率が発表されていますが、およそ1人の求職者に対して約6件の求人が存在しています。

このことから、施工管理職は需要に対して供給が非常に少ない状態と言えるでしょう。

▼Pickup!施工管理業務の実態を調査、アナログ作業が多いことやリモートワークの拡大が明らかに:産業動向 - BUILT

■ なぜ施工管理職は採用難なのか?

ではなぜ施工管理職は採用難なのかというと、その理由の一つに「若年層がなかなか建設業界に入らない」という点があります。

ただでさえ建築業界では3K(きつい、汚い、危険)が当たり前と言われており、更に施工管理職になるために国家資格を取らなければならないとなると、ハードルはかなり上がってしまうのではないでしょうか。

そしてもう一つの理由が「建築需要が増えている」という点です。

そもそも現場数が多くなっているので、その現場に必要な施工管理職の存在はどうしても足りなくなってしまいます。

Copyright http://www.renewwisconsin-blog.org/ All Rights Reserved.