施工管理職が転職してしまう主な理由とは?

【疑問点解決】施工管理への転職の本当の話

施工管理職のスキルを求めている業種は存在するので、上手くアピールしていくことによって年収をアップさせることも可能です。
【疑問点解決】施工管理への転職の本当の話のメイン画像

施工管理職が転職してしまう主な理由とは?

施工管理職は採用難ともいわれており、定着率があまり高くないと言われています。

そこで今回は、施工管理職が転職してしまう主な理由について解説していきます。

■ 労働条件への不満

施工管理職の場合は納期に間に合わせなければならないので、残業や休日出勤をしなければならないことがあります。

この場合、管理職として施工管理をしていたら残業代がつかないため、「働きに見合った給与ではない」として転職を決意する人が多いようです。

■ キャリアパスが現実的ではない

たとえばキャリアアップのために1級建築施工管理検定の受験資格を得ようとした場合、15年以上の実務経験が必要になります。

15年の実務経験は現実的ではないため、施工管理の業務に見切りを付けて転職してしまう人も出てきます。

■ 職場の人間関係への不満

施工管理職は現場作業員を取りまとめたり、外部との様々な調整をするのが業務となってきます。

そのため、現場レベルで信頼関係が構築できないと、スケジュール通りに仕事が進まないということも考えられます。

このように、特に人間関係が重要になる業務なので、それが嫌で転職を考えてしまう人も多いようです。

■ 建設業界の中でも施工管理はハードワーク

建設業界の中でも特にハードワークと言われているのが施工管理職です。

現場のリーダーとして様々な対応を行わなければならないため、マネジメント力も必要になってくるでしょう。

ただ、施工管理職のスキルを求めている業種は存在するので、上手くアピールしていくことによって年収をアップさせることも可能です。

Copyright http://www.renewwisconsin-blog.org/ All Rights Reserved.